Excel VBAで使う論理演算子一覧とエキスパート試験のポイント

論理演算子は、複数の式の真偽(True or False)を調べるために使う演算子だ。このページでは、Excel VBAで使う論理演算子の一覧と、その演算結果をまとめた。また、エキスパート試験のポイントと思われる項目についても記載した。

スポンサーリンク

論理演算子の一覧

太字で書いた演算子は、VBAエキスパート試験を受けるまえに充分に理解しておきたい。

演算子 説明
Not 論理否定
And 論理積
Or 論理和
Xor 排他的論理和
Eqv 論理等価
Imp 論理含有

演算結果とベン図

それぞれの論理演算子による演算結果を表にまとめた。

Not演算子

演算結果
False True
True False

And演算子

値1 値2 演算結果
False False False
False True False
True False False
True True True

Or演算子

値1 値2 演算結果
False False False
False True True
True False True
True True True

Xor演算子

値1 値2 演算結果
False False False
False True True
True False True
True True False

※ 片方のみがTrueのとき、Xor(排他的論理和)の値はTrueになる。

Eqv演算子

値1 値2 演算結果
False False True
False True False
True False False
True True True

Imp演算子

値1 値2 演算結果
False False True
False True True
True False False
True True True

エキスパート試験のポイント

・Eqv(論理等価)とImp(論理含有)は覚えなくていいと思う。実用性もない。

・Xor(排他的論理和)については、余裕があるなら理解しておきたい。しかし、こちらも実用性はあまりないと思う。

論理演算子内には優先順位がある。たとえば Not演算子 と Or演算子 なら、Notのほうが優先して処理される。詳細は後日別ページにまとめる予定。

・論理演算子と比較演算子(<>や = など)では、比較演算子のほうが処理の優先度が上だ。詳細は後日別ページにまとめる予定。

練習問題

次のプロシージャを実行した。その結果として正しいものはどれか。次の中から1つ選択しなさい。

Sub Test()
    MsgBox 1 < 3 And 10 < 5
End Sub

  1. メッセージボックスに「False」と表示される
  2. メッセージボックスに「True」と表示される
  3. メッセージボックスに「And」と表示される
  4. エラーが発生する

正解を見る

1

コメント